September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

欧州テニス選手のトレーニング(通常とオフシーズン)!

欧州テニス事情をお伝えする中で、多くの皆様からこれまでに尋ねられたのが「欧州テニス選手は、ジュニアからプロまで一体どのようなトレーニングを日頃行っているのか」。これにつきましては、もちろんヨーロッパでも国やアカデミー/クラブによる育成・指導方法によって異なる部分はありますが、大まかに共通していて、尚且つ日本とは異なるスタイルである例を今回動画と一緒にご紹介したいと思います。

 

 

1.ヨーロッパは個々の選手に向き合うスタイル、日本は時間配分スタイル

 

まず、日本と最も大きく違うのがコートに入る選手の数。ヨーロッパはジュニア・プロ関係なく、通常のトレーニングではコーチ1人に対して選手は1〜2名(多くても3〜4名の時はありますがサーブ練習中心に行う時や急に担当コーチが何かの理由で合同になるなどのイレギュラー時)で行われます。トレーニングメニューも個々の選手に沿ったかたちで担当コーチが組みますので、常に課題に向き合いながら、選手のその日の状態を見ながらトレーニングが決められていきます。ヨーロッパの選手向けトレーニングは、オンコートではハードというよりもコーチが選手に向き合いながら非常にシンプルなメニューを繰り返し行う印象が強いです。

 

*ヨーロッパにおいて、日頃からコートに4名以上の選手を入れるアカデミーは選手のレベル向上よりも効率などを重視したビジネス目的の要素が大きい為、長期での滞在は避けた方が良いでしょう。

 

» read more
<<back|<45678910111213>|next>>
pagetop