July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ジュニア時代(J.オスタペンコ選手)

http://truffle-kyukaku.com/

from Tennis Europe official website: www.TennisEurope.org

 

今年の全仏オープンで優勝し、大きなインパクトを残したJ.オスタペンコ選手。バルト三国の1つであるラトビア出身の1997年生まれ。ジュニア時代にも2014年にウィンブルドン選手権のジュニア部門で優勝。ITF Jr.ランキングも最高は2位をマークしています。それでも、今のプロ生活と似た部分がありますが負けるときは早々に、そしていきなり大きな舞台で優勝。安定して勝ち続けるというよりも、どちらかというと爆発力ある選手で手がつけれなくなると誰でも打ち負かす才能持った選手の1人と思います。

 

ちなみに同選手の14歳の時期は、公式の記録では14歳以下テニスヨーロッパ大会を11大会、ITF Jr.大会を12大会の合計で年間23大会。もちろんそれにナショナル大会も加わってきますが、オスタペンコ選手に限らず14歳頃の時期は大体年間で20〜25大会程を周るヨーロッパ選手が多いです。

 

オスタペンコ選手の14歳以下テニスヨーロッパ最終ランキングは17位。同年代のランキング上位には、A.コニュー選手やB.ベンチッチ選手がいましたので、年を重ねるにつれて実力をつけていった選手です。

 

現在行われているUSオープンは3回戦に進出し、次は同じく1997年生まれのD.カサトキナ選手(ロシア)との対戦が決まっています。

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

 

<<back|<51525354555657585960>|next>>
pagetop