December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

遅れ過ぎている日本のテニスルール(試合方法)システム

 

11月からブログを再開し、書いた記事に対してどのようなご意見を頂戴しようと、自分の中では綺麗ごとばかり書くのは辞めようと心に決めて取り組んでいますが、その中で最も日本のジュニア選手に対する大会ルール(試合方法)の中で納得いかないのが1セットマッチや8ゲームマッチで全国大会行きを決定するシステムです。世界全体でといわれるとわかりませんが、少なくともヨーロッパではこのような試合方法はありませんし、公式の試合は全て3セットマッチ。負けてコンソレーションとなろうが天候不良による試合進行の遅れが生じようが1セット4ゲームに変更になる事はありますが1セットや8ゲームで試合を終わらせることはまずありません。ヨーロッパで試合を多数見る中で、どうしても日本のこのシステムにおいて大事な県予選や地域予選で定められているルールにますます疑問を感じるばかりです。短期決戦で、しかもそれによって多くのジュニア選手が目標としている全国大会を目指し、親御さんやコーチの期待を背負った中でプレッシャーもあり、取り組んでいる事をコート上で表現するよりも数字を積み重ねて勝つことにしかこだわることができないルールは選手にも見ている側にも時として悪影響をおよぼすことさえあると思っています。

» read more
<<back|<123456789>|next>>
pagetop