December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

- No.1 - ヨーロッパに比べて爆発力を持った選手が誕生しにくい要因

 

以前、3セットマッチが日本の公式大会で採用されているケースがヨーロッパに比べて少ないという事を記事にしました(http://truffle-kyukaku.com/?eid=275)。1セットマッチや8ゲームマッチが、世界のほとんどのテニス主要ジュニア大会で採用されている3セットマッチルールという世界基準からかけ離れている現状。今回は、個人的見解として、そこからどのような選手が輩出されていくか、また周りで観戦されている方々の心理的な部分も含め2回に分けて書いていきます。

 

  • 「爆発力を持った選手」=「大きな舞台(大会)で常に何かやってくれるんじゃないかと思わせてくれる選手」

 

まず、キーワードとしている爆発力を持った選手という意味をお伝えしたいと思います。爆発力と書くと外国選手のパワーというイメージになりがちですが、今回のメインとしているテーマとは異なります。「爆発力=常に何かやってくれるんじゃないか」、これはジュニアからプロまでどのような大会でもいいですが、グランドスラムのような大きな舞台、(全国大会に繋がる大会含め)各年代のその年のナンバー1を決める全国大会等、多くの選手にとって大きな目標となっている大会。それらのステージで、シードやランキング順位が対戦する選手よりも低くても、3セットマッチを行えば勝てるチャンスが大きく、一波乱起こしてくれんじゃないかという意味になります。

» read more
<<back|<1234567>|next>>
pagetop