July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

盛り上がりをみせてきたドイツテニス事情!

 

2020年以降の欧州テニス事情動向を調べていく中で、ドイツもようやく今後に向けて明るい兆しが見えてきている(本腰を入れ始めた)印象を受けます。もちろん欧州においてこれまでの歴史をみてもテニス大国の1つではありますが、近年はクラブ数が減少傾向、A.ズべレフ選手やA.ケルバー選手が世界のトップで活躍していますが将来的に有望視できるジュニアが育っておらず、協会としての統率や育成への情熱に少し疑問を感じていたのも事実です。もちろん、まだすぐに目立ったジュニア選手や上記2選手に次ぐプロ選手が誕生するのかとなるとそこは時間を要しますが、それ以外の部分において明るい兆しと感じる部分をご紹介していきます。

 

1.「ボリス・ベッカーインターナショナルテニスアカデミー」が2021年春頃完成予定

 

(何かとお騒がせなイメージの強い)ボリス・ベッカー氏ではありますが、現在はドイツテニス協会の男子チームを統括するポディションで就いて活躍し、ユーロスポーツのドイツ視聴者向けテニスコメンテーターを務めるなど本格的にドイツテニスビジネスに貢献を果たしています。その同氏が、新たな巨大プロジェクト構想として2021年春頃を目途に投資家と共にヨーロッパにおける巨大アカデミーの設立を正式に発表しました。合計39面のテニスコートを擁する壮大なプロジェクト、多くの人数を収容できるレストランや宿泊場所が設けられる施設はもちろんドイツでも初めてとなる予定です。ドイツにもアカデミーは多数存在しますが、これほどの規模のアカデミーが完成するとヨーロッパのみならず世界的にも大きな注目を集める事は間違いなく、ドイツへのテニス選手や関係者の動きがより活発になると考えられます。まずは無事にプロジェクトが進行していく事を願うばかりです。

» read more
<<back|<123456>|next>>
pagetop