December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

トップへ駆け上がっていく女子選手達の共通点(フォアハンドの打点)!

 

今年は2004年生まれ(今年15歳)、アメリカのコリ・ガウフ選手などまだジュニア年齢期からプロの舞台で華々しい活躍をする選手が出現するなど、特に女子選手のトップに駆け上がっていくスピードがより一層加速した印象を与える年であったと思っています。女子選手においては、正直、この傾向はこれからもしばらくは続いていくものだと思います。まだ大きな話題にはなっていませんが、すでにジュニア選手でも14歳でトップジュニア選手として結果を残している選手達が複数名存在します。今回は、それら選手達の個人的に思う共通点(テニススタイル)、そしてそれをヨーロッパ選手の動画を含めてご紹介していきたいと思います。

 

 

まずは2005年生まれで今年14歳、チェコ出身のリンダ・フルフヴィルトバ選手。ヨーロッパの中でもテニスにおいて歴史ある伝統国のチェコから、再び怪物級(将来的にプロとして活躍が期待されているレベル)の選手が出てきました。今回は、姉であるリンダ選手中心に取り上げますが、妹もこれまたヨーロッパ内で活躍中。来年あたり大きな話題になってくると思われます。さて、そのリンダ選手ですが、最近は背丈も伸びてテニススタイルも確立されてきましたので、ますます風格が出てきた印象すらありますが、まだ背が小さい11歳頃からすでにヨーロッパでは凄い選手が出てきたと話題になっていた選手の1人です。特に今年は同世代の主要大会で結果を残すのはもちろん、ヨーロッパのトップ選手が集まってヨーロッパNo.1の選手を決める18歳以下の部、そしてグランドスラムJr.大会に繋がるITF Jr.大会でも結果を残してすでにITF Jr.ランキングもTOP15に入り込んでいます。1歳しか変わらないガウフ選手と比較してしまうと、見劣りしてしまう部分はもちろんありますが、それを抜きにすれば間違いなく着実に成長している選手の1人です。

 

 

上記は、今年の(事実上)14歳以下グランドスラムジュニア大会とも言われているフランスで開催された各国からナショナルメンバーのみが集結したテニスヨーロッパ大会時にプレーしていたリンダ選手(結果は断トツで優勝)の動画です。この動画にもありますが、フォアハンドで最初のポイントでミスしようが自分から打点の高い位置(肩あたり)のボールを相手コートに打ち続けるプレーを徹底しています。

 

ガウフ選手もそうですが、最も体重移動させながらパワーを伝達しやすい腰の位置ではなく、比較的手打ちになりやすく、力んでミスがでやすい「肩の位置あたりの打点」で常に質の高いボールを相手コートに打ち続けられる女子選手こそ、順調にもしくは周りが予想している以上のスピードで勝ち上がっている印象があります。どうしても大事な場面でミスが出てしまうと打点をミスした位置より落として(安全策で)打ち込む選手がヨーロッパでも圧倒的に多いです。肩の位置の打点という事は、基本的にはベースラインから後方に下がらず、なるべく自分から踏み込んで打ち続けるわけですから体力的にもきつくなってきますし、技術面でも非常に高度なプレーが求められます。それをどのサーフェス(主にはハードコートやレッドクレーコート)でもスタイルを変えずに貫き通すわけですのでメンタル的にも相当な覚悟が必要と感じています。来年あたりはグランドスラムJr.大会でも活躍する女子選手の1人である事は間違いないと思います。

 

 

次に、動画は非常に短いですが、昨年の大阪で開催された大阪市長杯ワールドスーパージュニアで圧倒的な強さで優勝したクララ・タウソン選手(デンマーク)。今年のオーストラリアンオープンJr.大会で優勝するなど世界ジュニアランキング1位をマークして、現在はプロとしても活躍続けている選手の1人です。彼女も、ヨーロッパでは15歳頃から特に頭角を現した選手の1人ですが、恵まれた体格をいかして非常にパワーのある重いフォアハンドを打ち続けます。動画は大会期間中にコーチからの球出し練習をしている様子ですが、やはりベースライン上あたりから高い打点で打ち込む練習を繰り返しシンプルに行っていました。

 

ローランギャロス含め、ヨーロッパのレッドクレー大会シーズンとなると天候によっては想像以上に跳ねるサーフェスとなり、体力的にもきつい場面が続く事が多々あります。それを打破する意味でも、そして自分の武器とするためにも是非「肩の位置あたりの打点で打ち込み続けるフォアハンド」技術向上と精神的な覚悟を日頃から(特に女子選手は)意識して養ってほしいと思います。

 

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

pagetop