December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

クレーコートで自ら打ち込んでいくトレーニングとその難しさ  

www.truffle-kyukaku.com/

 

日本から藤岡選手が到着して5日目。まだ1日オフを入れずに毎日3〜4時間のトレーニングに励んでいます。天候も良く、午前と午後に分けて行う場合もあれば、夕方から夜の9時頃まで行うなど様々。2月に来た時は室内ハードコートがメインでしたので、本格的にアウトドアクレーコートでトレーニングをするのは今回が初めて。やはりこれまでと異なるサーフェスによって大きく乱れてしまうのが打ち続けながらのボールコントロール力。最初のうちは(コートも整備された状態で)気持ちよくプレーしていますが、クレーコートが荒れたり乾き、滑りやコートの柔らかさによりどんどん体力もボールコントロール力も奪われていきます。今回はここを重点的に継続して行えるよう取り組んでいます。このトレーニング方法は、アウトドアクレーコートでしか行えないものと思います。ボールのマークも残りますし、本人も自覚しながらこのサーフェスで有効な技術力習得を目指しています。

 

これからまだまだ2週間以上ありますし、今回は日々焦ることなく、そして最後の1週間はオンコート以外にも追い込みを入れたプログラムを予定しています。

 

本人もこのコートでの難しさはもちろん、コート整備の重要性も学んでいるようで自ら行う行動が増えています。

 

これから欧州は21時を過ぎても照明なしでプレーできるくらい日照時間が長くなってきます。良い季節に突入してきました。

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

pagetop