December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

再びドイツで起きてしまった無差別事件

www.truffle-kyukaku.com/

 

日本のニュースや新聞でも発表されていますのでご存知の方々もおられるかと思いますが、ドイツ・ミュンスターという比較的日本人が多く住んでいるデュッセルドルフから車で90分もあれば足を運べる街で、死傷者が発生した無差別事件が起きました。在デュッセルドルフ日本国領事館からも大規模事件情報として緊急メールが送られてきました。

 

欧州各国で起きる(テロ関係なく)無差別事件の度に、どうしても家族での行動範囲や宗教関連の祝日などの時期を避けるなど制限が生じます。そして気がかりになってくるのが、これから時間をかけて定期的に欧州へ日本から選手をよびたいと思っている活動に大きな影を落とします。気持ちのどこかでまだまだ(トッププロが集まる大会を除き)ジュニアの大会や主要アカデミーはほとんど田舎町であり大丈夫だろうという思いも持っていましたが、滞在中の息抜きとして観光というオプションや交通手段(空港、鉄道等)を含めると確率の問題という事になってしまいます。

 

今回のケースでも、ミュンスターという街で起きた事件ですのでデュッセルドルフは大丈夫ですという事など到底書けず(実際には過去にテロ未遂や無差別事件もこの2〜3年内に発生)、来る側としては「ドイツ」ひとくくりで今は危険な国という事になってしまうと思います。昨年、実際に上記で記載したデュッセルドルフで起きた無差別事件。場所はデュッセルドルフ中央駅でしたが、その前日に遠征帯同を行っていた2名の選手と空港まで向かうために利用したということもありました。

 

来月の5月にデュッセルドルフで約3週間トレーニングを積むジュニア選手も確定はしているのですが、もちろんこのブログを更新する前にミュンスターの件は起きた事実として報告をしました。ご家族会議もあるでしょうし、実際に予定通り来て頂く事になっても、こちらではかなり気を引き締めて日々対応にあたることになると思います。

pagetop