December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

欧州テニスアカデミーと日本における「グループレッスン」という定義の違い

http://www.truffle-kyukaku.com/

 

お子様の欧州アカデミー参加につきご家族からお問い合わせ頂く中で、料金相談と共に「1日のスケジュールがどのようなプログラムで進んでいくのか」。特に、オンコートトレーニングを受講するにあたり何名の選手と1面を使用するのかという相談を受ける事が多いです。もちろん皆さんのご要望を事前に聞いてからアカデミーへ打診しますが、この時に1つの提携アカデミーと今回のテーマである欧州とヨーロッパにおける「グループレッスン」という意味合いが異なっている事が双方で分かり、最終的に納得し合う場面がありました。(上記画像と今回のテーマにおいて関連性はございません、イメージのみ)

 

私も欧州生活が長くなっているとはいえ、「グループレッスン」と聞くと未だに最低4名、多いと8名程の選手が1面でトレーニングを行う事を想像していました。そのため、アカデミー側から1週間のプログラムが送られてきた際に、午前中のトレーニングに週4回「グループレッスン」が組まれており(残りの2回がプライベートレッスン、1日オフ)、私から「これだと(質の満足度として)日本のご家族からクレームが入る」とアカデミー側へ伝えた事があります。理由はグループレッスンの回数が多いからです。

 

アカデミー側もプライベートレッスン回数を増やすと通常の料金プランよりも高くなると回答があり、テレビ電話で交渉を行いました。その時に初めて把握できたのですが、プライベートレッスンは皆様がご想像する通りコーチ1名と選手1名のトレーニング。そして、グループレッスンとはここのアカデミーではコーチ1名に対して選手2名のみ。。。。ここに私が想像するグループレッスンというイメージとアカデミー側のプログラム内容に大きな差が生じていました。

 

それが理解できてからはもちろん、週4回「グループレッスン」というスケジュール内容にも納得し、お問い合わせ頂いた日本のご家族へも伝えました。

 

余談ですが、やはり欧州テニスアカデミーでトレーニングを行う最大の醍醐味は「少人数で日々継続してトレーニングを行う」。これにつきます。アカデミーの方針(コート面数、コーチ数、選手数)やシーズンによっては上記に記載したグループレッスンというのが、本当に4〜6名の選手にコーチ1名/1面というところもあります。私の意見としては、そのようなプログラムを組むアカデミーは選手育成よりもビジネス重視で選手を受け入れしていると考えられた方が良いと思います。少人数(多くとも1面3選手まで)トレーニングで組まれているアカデミーを選択されるべきです。欧州といえど、選手育成方法・運営方法は様々です。お気軽に下記までお問い合わせください。

 

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

pagetop